blog
mail

Posted on December 14,2018

修理品、フレット打ち!

とにかく難物。抜いたフレット跡には接着剤がタップリ残っていて鋸に喰いつきます。

エボニーも古いので油断するとエッジがぽろっと欠けます。普段の3倍以上の労力を使ってようやくフレット打ちまで

こぎつけました。

これが終わらないとウクレレは進めませんが年賀の画像用にペグを付けてテナーの撮影です。

投稿日時 12月 14,2018 金 1:20 PM | 投稿者 夢弦堂 | コメント(0) »

Posted on December 12,2018

ブリッジ作りと修理品

貴重なハカランダの厚材から切り出します。

修理のD28は面倒なフィンガーボードの水平出しが終わりました。この間ポジションマークのドットも3つ新品に入れ替えました。

投稿日時 12月 12,2018 水 1:10 PM | 投稿者 夢弦堂 | コメント(0) »

格好いいでしょ。拡大するとすのままギター!?

修理品は以前の修理のいい加減さが影響して修正が面倒なことになっています。

スローペースは気にせずじっくり、しっかり直します。

 

 

投稿日時 12月 10,2018 月 11:59 AM | 投稿者 夢弦堂 | コメント(0) »

Posted on December 07,2018

マダガスカル・テナーと修理品

テナーは研磨を終えてネックの接着です。

制作だけでなく修理も。本当は割れたブリッジの交換だけでしたが60年代のネックのリセット方法がうまくなくて

14フレットが完全に浮いてしまってました、なおかつフィンガーボードの下に薄い三角形のシムを入れて角度を調整してフィンガーボード面を一直線になるように

しなければいけないのですが、それがなされておらす14フレットでかくんと「へ」の字に折れ曲がっていて弾きにくく、格好悪いままでした。

70年代に入ってからのリセット方法ですと14フレットでフィンガーボードを切らないで

15フレットに小さな穴を開けてそこからパイプでスチームを入れてジョイントを外す方法が確立されました。それでも14フレット以降のフィンガーボード下にはシムを入れないと

折れ曲がった格好のままになってしまいます。

写真は外したフィンガーボードと下に薄いエボニー材を接着して更にボディに接着しているところです。

投稿日時 12月 07,2018 金 1:42 PM | 投稿者 夢弦堂 | コメント(0) »

Posted on December 05,2018

いろいろ進行中

ソプラノはネックが付きました。

マダガスカル・テナーは研磨完了です。木目が良く見えますね。

投稿日時 12月 05,2018 水 2:02 AM | 投稿者 夢弦堂 | コメント(0) »

251725