blog
mail

まだバインディング、パーフリングが多少出っ張っているので、要研磨です。

フィンガーボードは貴重な漆黒のエボニー材。どなたか先輩のクラシックギター制作家の遺品です。

同じ材からバインディングも切り出します。

投稿日時 4月 20,2018 金 11:15 AM | 投稿者 夢弦堂 | コメント(0) »

Posted on April 19,2018

曲げと接着

フレイムドメイプルは杢の部分で折れ易いので要注意、更にヘリンボーンはカッタウェイ部分はそのままでは曲げられないので3分割にして作業します。

そして接着です。

投稿日時 4月 19,2018 木 2:21 PM | 投稿者 夢弦堂 | コメント(0) »

2本のメイプルを接着しながらカッタウェイ部分担当メイプルだけ湯煎して曲げ易くします。

ヘリンボーンは骨模様が微妙にずれて違う形ですので、左右同じ模様のを選び出してエンド部で対称になるようにします。写真がピンボケで全然解りませんね、すみません。

投稿日時 4月 18,2018 水 1:20 PM | 投稿者 夢弦堂 | コメント(0) »

貼り終えた2台です、トップとバックの余分な部分を削り落とします。

シャロウ・カッタウェイのカーブがとても可愛いです。私の大のお気に入りデザインです。

パーフリング、バインディング用に端を掻きとります。

投稿日時 4月 17,2018 火 10:53 AM | 投稿者 夢弦堂 | コメント(0) »

Posted on April 16,2018

引き続き ボディ制作

バックを貼り終えたなら今度はトップです。

ネックジョイント部の角度をしっかりチェック!

そしてトップを貼りました、まだ中にはクランプが残っています。

投稿日時 4月 16,2018 月 1:27 PM | 投稿者 夢弦堂 | コメント(0) »

196216